2013年11月18日

僕も同じはず。

東京。恋人は未だタイランド。

今朝、最大の防寒着であるパーカーを洗濯してしまったために一日中寒さに震える。

偶然にも沖縄から東京に来ていた友達のヨリチンに誘われ吉祥寺のライブへと足を運んだ。

満員御礼の小さなライブハウスと、小気味良く酒を呑む僕。
なんだか、このまま飲み潰れたいような感覚に苛まれながらも、さすがにそれはいかんと、高円寺駅へ向かう電車へと乗った。


高円寺に着き、停めていた自転車へとまたがり足を動かすと、正面から当たる風があまりに薄着の僕には寒すぎて、一秒でも早くこの時間を消し去りたいと全速力でペダルを踏みつけた。余計寒い。

早く過ぎ去るはずの目の前の景色はまるでなんだか時が止まったかのようにコマ送りで通りすぎ、わずか十数秒の間にすれ違う全ての人々の人生の一辺を覗き見たような奇妙な万能感に襲われた。とは言っても勝手に他人の人生を妄想してるにすぎないのだけど。

「今の人は好きなあの子のために走り出した。今の奴は久々の友達と酒を交わし、余計なことまでペラペラ喋ってる。あいつはすげー怒ってる。どうしたの?」




よく、「趣味は、人間観察です」なんて言う人が居るが、まるで本人はさも高次元にでも立ったように、自分は他の人とは違い、あくまで観察する立場にいるのだと勘違いしながら、勝手に他人の性格や人生観を決めつける。先程、僕がしていたように。自分自身も見られる立場であるのだと気づきもしないまま。
だから、僕は人間観察するあなたを観察したい。


ダメだ、全然意味分かんない。すごい眠くて酔っぱらっててボヤボヤとしながらこの文章書いてるけど、もう無理。オチまでの終着点に届かない。おやすみ

さばだ
posted by ユーチャンチャン at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

白い壁の話。

この日記始まってから、オカルトな話が多いのだけど、最近のマイブームなので、今日も。




あれは、とある串屋で酒を呑みながら、恐い話をしていた。

すると、その内の一人が少しだけ霊感があると言う。

ハッキリと見えるわけではなく、感じる程度とのことだが、みんな自分に幽霊が憑いてないか気になり出して、「今度、わたしの家になんか憑いてないか見に来て欲しいんだけど。」と、一人が言い出した。それに対して「あまり、気乗りしないなあ。だって、部屋の壁、白塗りでしょ?」との驚愕の発言に周りのみんながビビり出した。




「マジかよ!!!!俺ん家の壁も白色だよー!恐ぇよ!やめてよ!!」

「なんなの?!白い壁は駄目なの?!幽霊引き寄せるの?!うそでしょ!」


みんな、戦々恐々としているのだが、驚くポイントが違いすぎてて、なんだか僕は突っ込むにツッコめなかった。

白い壁が恐いんじゃない。
行ったこともない部屋の壁の色を言い当てた事、そして、そこになにかが居るような事を示唆しているのが本来驚くところなのに、みんな白い壁の恐怖感に取りつかれていた。

別の話をしていても誰かが思い出したかのように白い壁の話をして、その度に笑ってしまいそうになってたけど、あまり空気を壊しちゃいけないと、僕は最後まで黙っていた。



それから帰ったのは朝方。
もう、オバケも寝る時間になり、恐怖感はどこぞへ忘れ、各々帰っていった。


あのとき、言えなかったからここに書いておく。
posted by ユーチャンチャン at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

クイズの答え

『アルファベットについて。大文字にすると みんな仲間なのに、小文字にするとiだけ仲 間外れになっちゃうよ。それはなーぜだ?』

という昨日の問題。

分かりやすく全アルファベットを載せるよ

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz


って、あれ!!こうして見るとi以外にjの小文字も仲間外れになってる!
あー、もういいや!なんでもない!!


そして、ショートカット女子捕獲大作戦は見事なまでの失敗に終わったので、リベンジが決定。

悲しい。
posted by ユーチャンチャン at 13:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

クイズ考えたよ

『アルファベットについて。大文字にするとみんな仲間なのに、小文字にするとiだけ仲間外れになっちゃうよ。それはなーぜだ?』

答えは明日。
それまでに、わかった人にはプレゼントでもあげるよ。

今日はこれだけ!じゃーね!
posted by ユーチャンチャン at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

星に願いを

忘れもしないあれは7月7日、七夕の日。
織姫と彦星が年に一度だけ再開できるその日にあやかろうと人々は星に願いを込める。

そんなロマンティックさとはかけ離れたハードコアパンクのイベントを企画していた。
なんというか、つい、笹の葉と短冊を用意し、一人だけ俺が願いを叶えてやるなんて言ったら、みんな家が欲しいとか金が欲しいとかゲスな願いばかりで、なんとなく具体的なこの願いを叶えることに決めた。



『11月くらいまでに可愛いショートカット女子を捕まえたい』


知り合いだけど、まあ良いかなあ…。



…。




ん…?





やべー、もう11月目前だ。


てなわけで、彼に半ば強制的にバンドを結成させ、いっちょイベントを打つことにした。









後は、野となれ山となれ!
告白タイムでも設けて、誰か素敵な女性が現れるのを待つしかない!!

実は彼のことを密かに健気に想いを馳せていた人が勇気を持って足を運んでくれるなんてそんな都合のよい展開が無いものかと、そう星に願いを込めながら、僕はソワソワしているのです。

最悪、彼に可愛いショートカット女子と鬼ごっこをさせるはめになるかもしれない。そんなオチだけは避けたい。

とりあえず、女子は入場無料!ショートカットなら特典付き!!

どこで運命の出会いが訪れるかなんてのは分からない。
面識があろうが無かろうが、誰でも良いから女の子はこの日、Bar SIXへと足を運んで欲しい。なんなら、皆さまには友達を騙してでも一人でも多くの女子を連れてきて欲しい。


ぜひとも、彼の願いを叶えたい。
という、僕の願いを叶えてくれやしないだろうか…。


明後日が恐い。
posted by ユーチャンチャン at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする