2016年04月26日

台灣GiG2日目の話

【台湾に行ってきました 2日目】
昨晩は二手に分かれ、僕らはShibaという日本の丸尾末広などのエログロ漫画が好きな絵描きの女の子の家に7名で泊まった。

100年に一度とか言われる大寒波にぶち当たり、その寒さの影響で80名余りが亡くなるほどに本当に信じられないほど寒かった。

その中で半ズボンと下駄で過ごし、昨日は雨にも打たれ続けていたこともあり、朝起きると僕の体調は非常に最悪な状態となっていた。

外に出るとアラレが降っており、嬉しさより先に恐怖を感じた。
なんでこんな格好で来たのだろうか…。

ちなみに、今回のライブ会場はとある公園の橋の下である。
愛知県は豊田にある橋の下世界音楽祭を思い起こさせるが、もっともっと規模は小さく、そもそも無許可でやるとの事。台湾人はみんな適当なので許可とか必要無いらしい。本当かよ。

余談だが、今回台湾ライブ会場とにあたって、その間を取り持ってくれたのは東京の素人の乱というリサイクルショップの松本さんという方なのだが、教えてもらうとこによると、台湾軍は世界一弱い軍隊らしい。
徴兵制があるものの、みんな寝坊もサボりも当たり前で、あまりにも真面目にやらないから徴兵制無くそうかとなってるとのことだった。

なるほど、それだけ適当なら確かに許可なんて不要なのかもしれない。

会場に着くと橋の下という事もあって風が吹き抜けて恐ろしく寒い。焚き火の側から離れられなかった。

すると本日台湾入りしたパラノイアやワラバーズの残りのメンバーもやってきて、さらに以前に一緒にバンドをやっていたリュウヘイくんが福岡からサプライズで遊びに来たのだ。

東京からもゴウくんや、楓子ちゃん、サトちゃんなどが来ており、あまり外国感が薄れゆく中、時間が経つほどどんどん台湾の人達が増え、アルカシルカのライブを始める頃にはもの凄い数になっていた。

0924AB45-523C-4029-87C1-2343D70CB2D7.jpg4B5E959B-C660-43E0-A025-37A9DC27484B.jpg

そして、今回イベントに誘ってくれたズーシェンが宣伝してくれていたのか、アルカシルカの期待値が異様に高く、ライブが始まった瞬間にステージにお客さんが雪崩れ込んできて、メンバーがどこにいるのか分からない事になるし、何故か曲を知ってて一緒にコーラスを歌ってくれるんだけど、台湾人なにがすごいって、新曲ではマイクを奪ったと思ったら勝手にその場で思いついたコーラスを歌うもんで、僕もつられて一緒にそのメロディを歌っていた。

84E31C02-4C75-41AA-9438-5C5C4F50708A.jpg

揉みくちゃにされながらのライブはライブと呼んでいいのか分からないくらいに破茶滅茶なものだったけど、すごく面白かった。

当然、その後のワラバーズも大変だったけど、なにより大変だったのは曲の演奏が終わるたびにアコーディオンのまりこちゃんがゲロを吐きに行ってた事と、僕のポッケに入ってたお金が全部落ちて無くなった事だろうか。

ちなみに、アルカシルカアオイくんもゲロを吐きまくっており、僕もその深夜頃からゲロを吐き続けていた。

この3人の共通点は昨夜に屋台で牡蠣を食べたということから、それが原因だと結論付けられたが、個人的には阿呆みたいに酒を呑んでたので、ただの二日酔いではないかと思っている。

ただ、ライブ終了後の翌早朝、沖縄に帰ると、台湾に行った半分以上のメンバーが風邪や腸炎でダウンした。
きっと、沖縄の人間にあの寒さは耐えられなかったのだ。

僕らの怒涛の二泊三日はこうして終わった。

D626C61E-BB73-4731-9334-949C4AAF16BF.jpg

本当はもっと台湾の人達と交流したかったものの終始体調も悪かった上に、滞在期間も少なかったので、次回があればもっと万全の状態で行きたいと思う。


posted by ユーチャンチャン at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

台灣GiG1日目の話

1月23日早朝6時起床。

昨年中頃より新しく始めた5人組バンド「アルカシルカ」のドラマーであるナルトくん(あだ名ではなく本名)とアコーディオンのまりこちゃんと共に那覇空港へと向かうことに。
車に乗り込むといつの間にか用意されていたインスタント沖縄そばにお湯が満たされ置かれていた。ナルトくんの気遣いと優しさを感じながら空港に向かうもソバを用意してくれた張本人はパスポートの発行が間に合わず台湾行きが叶わなかった。
実に心苦しい。また近い内にバンドで海外に行こうと密かに決心した。


そう、この度(旅)の記事は遡ることひと月ほど前に東京の変なリサイクルショップのオーナーである松本さんという方から、「台灣人と沖縄で遊ぶから」と連絡があり、台灣で半路珈琲(ハーフロードコーヒー)という店をやってるズーシェンたちと呑むことになった事が発端となる。
たまたま自分たちがやってるアルカシルカの映像を見せるとズーシェンが大層気に入ってくれて台灣でイベントするから来てよとなった。
話は盛り上がり東京からもバンド呼ぼうとなったものの東京のバンド は都合が付かない中、たまたま酒でベロベロになってたワラバーズとパラノイアも勢いで一緒に行くことなった。


さて、話は戻り空港にて。
僕がもう一つ所属してるワラバーズのメンバーがすでに待っていた。そして遅刻間際にやってきたのはアルカシルカメンバーのナックくんとアオイくん。今後が思いやられる。

842DA091-2640-494C-AE5F-563031098100.jpg

飛行機に乗り、寝て起きるともう台湾に着いていた。それから台北行きのバスに乗り込むと、何故かまりこちゃんとナックくんがバスに乗っておらずみんな途方に暮れる。

合流できたと思いきや、今度はナックくんが一人トイレに行くので、みんなで隠れて戻ってきた彼が狼狽する様子を存分に堪能し、全員揃ったところで地下鉄で向かうは半路珈琲というこれからお世話になるカフェー。

6B74C235-0274-445A-A144-9D1B7A20CAA4.jpg
C1117905-83F2-4837-9359-820FC09E7E24.jpg
着いたら驚き桃の木、轟、大勢の台湾人が集まるそのカフェーでは昼間から酒盛りと共にカラオケ大会が。そしてその歌に合わせて男性のポールダンスが行われる狂乱に衝撃を受けていると、とりあえず荷物を置きなとその店の地下室を案内された。
35129A5F-F3DF-4961-B766-0027100152EA.jpg126E124C-C46B-450D-BC28-8FB63F5524F8.jpg

真っ暗な部屋に妙な照明や映像が投射され、謎の機械が動き回るその部屋は、聞くところによると、地元の台湾人や西洋人の芸術家たちが集まる不思議なアート実験室とのことだった。
1076E679-DE6D-4EEB-813B-5451143A79F6.jpg
287A38C2-CE50-4CDE-B7B7-CCBA3DE9A31F.jpgBFBE2CE3-D7F9-46C2-831F-05144ABD07B8.jpg2D5C5A59-24A8-48D4-895D-6DC819A3A4E3.jpg
まるで映画のセットの中に潜り込んだ不思議な感覚に浸るも、せっかく台湾に来たし散策しようと電車に乗る。

台湾の電車のチケットはコインになっており、子どもの頃にガチャガチャをしてたとにのような気持ちになる。そんな事を考えながらみんなで電車から降りると1人足りない。
またこの男、ナックくんだった。
CAF95FBB-C34F-4677-8522-653168A67939.jpg


「あー!待ってーーー!」
無情にも閉まる電車を追いかけるメンバーと、呆然と立ち尽くすメンバー。

決して彼の存在感が薄かった訳ではない。
その存在感が大き過ぎた余り、全員が彼と一緒に行動してる気になっていたのだ。
実体を置き去りにしてることも気付かずに…。

みんなでどうするかと話し合うのだが、そもそも彼は本当に同じ電車に乗ってたのだろうかという疑問が湧いた。

その頃、ナックくんはというと…

一つ前の駅にいた。
みんながトイレに行くので自分もトイレに入るナックくん。
出てくると誰もいなかった。
またドッキリだと思って「もうみんな出てきなよー」「いい加減にしなよー」「もういいよ!もう出てきて良いから!」といくら呼びかけても誰も出てくることは無かった。

その間にとんでもない角刈りの男を見てしまい、より不安な気持ちに拍車がかかっていた。
758F78E9-173B-4930-8A09-ED31AC1721FC.jpg


僕らはみんなで話し合っていた。
ナックくんをここで待つか、もう置き去りにするか。もう置き去りにして早く観光に行こうという空気感がその場を包み始めた頃、ワラバーズはるかちゃんがダメ元で台北市内のフリーWi-Fiに繋ぐとなんとかナックくんとも連絡が取れ、無事合流し、みんなで夜市へと向かった。
D17370F2-E6BC-41B9-8985-8FB04AF8204B.jpg
636DDFA6-D448-4A8D-8736-03031E718F8B.jpg
32FCE793-2A52-4C09-BCEE-09A53F572F81.jpg
ここからがまた酷かった。ついさっき1人行方不明になってたはずなのに、その反省を活かす事なく全くネットも繋がらない環境下で全員がバラバラになってしまい広大な市場で各々が自由を楽しんでいた。

その中で僕とワラバーズフェイフォンは小籠包や餃子屋を探していた。市場中をくまなく探しているのに、どこにも見当たらない。

なにかがおかしい。以前に台湾に行ったときは餃子屋なんてそこら中にあったはずなのに、こんなにも見つからないという事は、もはや台湾の法律で餃子を売ることが禁止されたとしか考えられない。
台灣政府はこの国の美味すぎる餃子に中毒性が含まれている事を危惧したのか、または衛生法が変わったのか…一体、どうして…。

僕は様々な推論をよぎらせながら、ダメ元で最後の望みを託して、小さな小道に入ると一番端の端に小さな小籠包屋さんがあった。何故かここの夜市で一軒しかない小籠包屋さんらしく、フェイフォンは運命の出会いだと言って10皿くらい食べた。

その後、先ほどのカフェーに戻ると、音楽スタジオで呑もうと言われた。
何故、音楽スタジオで酒を呑むという流れになるのか全く分からないものの、そこに行くと、プロジェクターで壁一面に様々なバンドの映像が映され、何故かアルカシルカの映像も映されると一緒に口ずさむ台灣人たち。予習ばっちりな感じに圧倒される沖縄人。

それから、酒を呑み続けていると、なぜかいつの間にかワラバーズのスタジオライブをすることに。
5C81B398-7435-43D5-B4BF-854701F60490.jpg
お客さんがメチャクチャに踊り、スタジオのオーナーが心配してやってくると、そこにいた人が、ワラバーズは日本中誰でも知ってる超有名バンドだから大目に見てくれと言い、それなら仕方ないと言う事になったが、翌日のライブのハードルがとんでもなく上がってしまった。

しかし、その上がったハードルを正面からなぎ倒していくようなライブが待っているとは、このとき誰も予想していなかった。

つづく
posted by ユーチャンチャン at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

ディズニーランドの話

お久しぶり。気まぐれな更新で申し訳ない。今回、このような記事を見つけたので先にこのリンクに貼られている映像の方を見て欲しい。

「不良をディズニーランドに連れていくと…」


そう、不良でも浮かれる夢の国ディズニーランド。

僕の知人友人誰もが口を揃えて最高だったと言うのだ。それこそ、「ディズニーランドなんてただの子ども騙しでしょ、ははん。」なんてバカにしていたようなパンクスや、チンピラみたいなやつまで、世の中を斜めに見ているような人物たちすら、ひとたびディズニーランドに足を運ぶと、何故か耳付きの帽子やカチューシャを付けて帰ってくるのだ。

一体、ディズニーランドの中では何が起こっているのだ。
宗教や変なビジネスセミナーの洗脳合宿よろしく、謎の幸福感とディズニー愛に満ち溢れさせるような儀式でも行われているのでは無いか。

なにがどう素晴らしいか聞いても、みんな「行けば分かる」とそればかり。

いつしか僕も行ってもいないディズニーランドに魅了され始めていた。

いや、正確には小さな子どもの頃に行ったことはあるのだが、何故かマイケルジャクソンがダンスする謎のアトラクションしか覚えていないのだ。

とにかく、ディズニーランドに行って、僕もみんなのように洗脳されたい。そんな想いとともに数ヶ月ほど前に行ってきたのだ。


ただ、一抹の不安があった。
誰に聞いても、「最高!」「ハッピー!」「超楽しい!」なんて言葉しか帰ってこないディズニーランドだが、ただ一人、「別に面白くなかった」と言い放った男がいた。
それが僕の血の繋がった弟のシンくんである。

そもそも負のイメージを徹底的に排除されたそのテーマパークに、反核、反戦だなんて強烈なメッセージ性のある言葉が刻まれたトゲトゲの鋲ジャンを身にまとった男がやってきたら、そりゃあ戦争とは無縁の国にそんな世紀末感は出さないでくれと述べざるをえない。

「その革ジャンを脱いで下さい」なんて要求されたらしいのだが、その時期は冬。「寒いから嫌だ。」と断ったそうである。そしたら安全のためにアトラクションには乗れませんと言われたそうだ。
なので、彼は園内を散歩だけして帰ったという。


つまり、ここで導き出されるディズニーランドを楽しむ要素として、

1.主義主張を持ち込んだ服を着ない。

2.乗り物には乗る

この二つさえ守ればきっとだいじょうぶである。

おそらく、ディズニーランドに入ったからといって無条件で楽しくなるわけではなく、アトラクションに乗る事が重要なポイントになるのだと思う…。

そう思うことにした。
実の弟が楽しめなかったというのは少し気掛かりであるが、そもそも5000円も払うのだ。たまたまディズニーチケットを手に入れた弟とは、全力で楽しみに行くという心構えがそもそも違う。

僕はこれから洗脳されに行くのだ。ミッキー大好きになって帰ってくる!




▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
東京は高円寺から電車に乗る。
ディズニーランドが近くなるに連れて、頭にミッキーマウスの耳を付けた人々が増え始める。

みんな浮かれすぎ!!僕もああなるから待っとけよ!もうすでにワクワクは絶好調だった。

受付の列を並び、園内に入る。

そこは凄かった。間違いなく凄かった。
しかし、ただそれだけである。「ひゃっほー!ミッキー!いぇーい!」とはまだならない。

やはり乗り物に乗ることが大事かもしれない。

一番最初の乗り物は割と肝心だろうと迷いながらも、これだ!と決めたのがイッツ・ア・スモールワールドというアトラクション。

いざ、乗り物に乗ると各国の民族衣装を着た子どもの人形が方々散り散りに配置され、その人形たちが"ちいさな世界"という曲を世界各国の言語で歌いながらダンスをしているのだが、過剰なまでにハッピー感を演出しており、もうそれはなんと言うか…



全然楽しくない!!!!むしろ凄く怖い!!!!


人形たちの無機質な笑顔、「せーかいはせーまい、せーかいはひーとつ」と延々と流れる同じ曲、宗教的とすら言えるその不気味さに僕は謎の不安感を感じていた。


「乗り物を間違えた…」


その後、他の乗り物やパレードを見たものの、みんなが言うほど心奪われる事にはならなかった。

ディズニーランドから帰って来るとミッキーグッズを見るだけで、「お?!」と、なるなんて言われたものの、そもそもミッキーマウスと出会ってないせいか、"ミッキーマウス=ディズニーランド"という関連性が見つからず、パンク的な"ミッキーマウス=商業主義の象徴"というイメージのままでしかなかった。

楽しさで言うと、昨年行ったとしまえんの方が楽しかったよ。

そんな感想を友達にいうと、心が汚れてる、人間としての感情が欠落しているなどと、そこまで言うかという程にボロクソに罵られてしまった。

僕だって洗脳される気満々で行ったというのに…。


ただ、なんとなく分かってはいる。
催眠術にかかりたい!かかりたい!と言うほど、催眠術にかからなかったり、幽霊が見たい!見たい!と言う人ほど心霊現象に無縁だったりするあの反作用だ。僕は特にその反作用が働きやすい。
いつだって勝手に期待値を上げすぎているのだ。

人間、多少無関心なくらいの方が感動できる機会が多いのかもしれない。

今度はなにも期待しないでディズニーシーにでも行ってみよう。



posted by ユーチャンチャン at 11:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

四月馬鹿の話。

久しぶりの更新。
4月1日ということでなにか嘘をつかなくては、と、どんな嘘をつくかも考えずに勢いに任せて執筆していこうと思う。

昨年は「彼女出来た騒動」により、多くの女性を敵に回し、多くの人からの信頼を無くし、見事大成功と終わった経緯もあり、今年はより趣向を凝らした嘘をつかねばならないと思っていたものの、完全にエイプリルフールの存在を忘れてしまっていたのだ。

ということで、今年はなんの仕込みもないので、期待なんてのは微塵もしてはいけない。



さて、それではなんについて話そうか。
小学生の頃にいじめられていた時の話か、中学生のときにヤンキー同士の抗争を仲裁した話か、高校生の頃にヤクザの車に監禁された話か…。


いや、それより、つい最近あった不思議な話をしようと思う。


実は僕は数日前から東京に来ており、高円寺に住む友人の家に世話になっている。

その友人の家のアパートを出てすぐ右手にコインランドリーがあるのだが、二日ほど前、そのコインランドリーから半ケツの男がバツがわるそうに出てきた。
不愉快半分、面白い半分、特に誰に報告するわけでもなく、すっかり忘れていたその翌日。
また昨日の男がコインランドリーから現れたのだが、何故かびしょ濡れで出てきたのだ。

こんなに天気が良いのにどういうことだと思ったのだが、その翌日には更に驚くべき出来事に遭遇してしまったのだ。

いつもと同じ時間に外を出て、歩き始めた頃、ふとコインランドリーを覗くと、洗濯機の中でグルグルと回されている男がいるのだ。

僕は動揺しながらも、その人の元に駆け寄り「だいじょうぶですかー???!!!」と声をかけながら、洗濯機の電源を落とした。

「え…?」
そんな声が聞こえるような表情で、無言のまま僕を見つめてきた。

「なにしてんすか?!だいじょぶですか?!」
そう僕が声をかけると、その男は気まずそうに「お風呂…」とだけポツリ呟くのだった。


なんと答えて良いのか言葉が見つからない中、その男は続けざまに「きみは6月頃にお店を開業するだろう」と謎の予言をされたのであった。

まるでなにかを悟りきったように自分が洗濯機で体を洗っていた事実をウヤムヤに吹き飛ばしてしまった。


その話を友人にすると、その男は近所でも有名な変わり者の占い師らしい。


あと、二ヶ月もないのに、この僕が店を始める事なんてあるのだろうか?
というか、あの人なんで銭湯とかに行かないのか?

そんな疑問を抱えながら、明日の朝、僕は沖縄に帰る。

久々の更新がこんなもので申し訳ない。
posted by ユーチャンチャン at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

気になり出したら止まらない話。

ご無沙汰しすぎていたので、久々にブログの更新でもしようかと、下書き中の記事を見ると

〜働きアリや蜜蜂はどのタイミングでご飯を食べてるのだろう〜

という、果てしなくどうでも良い個人的な疑問文が一行だけ綴られていた。


ここから、僕はどう話を広げ、どう終着点に持っていこうとしていたのだろうか?
単純な疑問なのか、もしくはなにかしら比喩的な問題提起だろうか、そもそもブログに書くほどの事なのか、というか、確かにアリさんたちは「うおー!超旨そうな食料発見!!」ってなるとき、その欲望のままにまずは自分達が食い散らかし、余った分を巣に運ぶのか、もしくは理性を持って家に帰るまでは食べるのを我慢してるのか、つまみ食いしながら運んでいるのだろうか、すごい気になり出してきた。

自分の抱いた疑問に疑問を持ち、いつの間にか謎のウロボロス的な螺旋の思考ループが繰り広げられている。


実に無益。

おかげで、今日、なんについてブログを書こうか忘れてしまった。

もういい。
なにも思い出したくない。

posted by ユーチャンチャン at 14:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする