2018年08月01日

免許更新中毒者の話 その4









じわり。




僕は、身体中の汗腺から嫌な汗が吹き出してきた。


心臓の鼓動は小刻みなビートを刻みながら脳みそに血液と共に大量の酸素と糖分を送り込む。



額からは一筋の汗がゆっくりと流れる。




わずかコンマ数秒の間で打開策を見つけ出さないといけないわけだが、そのコンマ数秒でも考える時間としては充分な量の脳内物質が生成され、ノルアドレナリン漬けになった僕の脳内では体感時間が100分の1ほどに感じられる能力を手にしていた。



汗はゆっくり額から頬へ。



その間、まるで詰将棋をするかの如く、何手先も読みながら、どのような言葉を返せば乗り越える事ができるだろうかと、あらゆるパターンを想定する。


顎の先からゆっくりと離れる汗。


何十通りもの候補から、最善の一手を導き出そうと高速処理をする脳細胞は、さらにこれまでの自分自身の過去を遡り、いかにして危機を乗り越えてきたか経験則に沿って、この危機の回避率が最も高い発言や行動の計算に入る。



身体から離れた一滴の汗はまだ宙に浮いたままである。



「今まで色々なピンチを乗り越えて来たはずだ。」
走馬灯のようにフル回転する脳はこれまで起きた数々の危機をフラッシュバックさせる。

子どものときに犬に噛まれたときの事から、お尻を怪我してパンツと皮膚が一体化しウンチが出来なくなってしまった事、そして、バイクで顔面から地面に向かってダイブした事、お金が無さ過ぎてスーパーの試食コーナーで一週間飢えを凌いでいた事、ライブハウスでブレーンバスターを喰らって脳出血を起こした事、他人の言葉に踊らされたアホから首元にナイフを突きつけられた事、廃墟に侵入したらパトカー10台くらい来て立てこもり犯みたいに取り囲まれた事…

色んな危険に晒されてきたのだから、ここから導き出される答えは…



あ、ダメだ!何一つ参考にならない!





ポタン



地面に汗が落ちた頃には時の流れはもう平常通りに戻っていた。





それは一つの大きな誤算。

まるで自分自身がスーパーコンピュータにでもなったつもりで、ものすごいスピードで脳を働かせてはみたものの、そもそも僕の脳みそはどれだけ回転させてもWindows95にも満たない、さしずめファミコン程度の演算能力しかなかったということ。






僕「な、ななななに言ってんすかね。あははは、このおじさん本当に困っちゃうな!」



一番最悪な手段「しらばっくれる」という悪手を僕は選んでいた。


もうこうなった時点でほぼほぼ手詰まりである。




おじさん「だって、キミね。これまでの免許証の写真全部ふざけてるよね?」


僕「ぇえ?!ふざ…、普段からいつもこんな感じなんですけど!ししし失礼だなあ。バンドとかやってるからついつい髪とか立てちゃうんですよね。」


おじさん「まあ髪は良い、その顔。絶対に日焼けじゃないよね?なんか塗ってるよね?」


僕「ぬ…塗るってなにが?な、なんの話ですかね?」


おじさん「いや、さっきから茶色汗をかいているのに何を言ってるんだ。」











ぁぁぁああああああ!!!!!!!!












2A90CA69-2564-4409-A09A-8B76B5AD7AC0.jpg

髪が全部抜けるかと思うほどの動揺。
余計にダクダクと汗をかいてしまう。


僕「い、いいいいや!まままあ、確かに塗ってると言えば塗ってますよ。でも、それの何が悪いんですかね?いやあ、僕には分かんないなあ!」


しらばっくれからの開き直り。



おじさん「他の免許証と顔が違いすぎる!そんなのは認められない」


僕「いや!顔は一緒ですって!肌の色が違うだけじゃないですか!それに、本当に日焼けが酷くてこれを塗ってないと肌が荒れて大変なんです!」


開き直りからのウソに移行。


余談ではあるが、僕は基本的に嘘をつく事が出来ない。

いや、正確には嘘をつけないのではなく、嘘をつくのが物凄くヘタクソなのだ。

それを自分で分かっているからこそ、わざわざバレて取り返しのつかないことになるくらいなら、最初から正直でいた方がマシだと思い、普段からウソをつかない。


それだけ嘘がヘタクソなのだ。

正直、もうこの先の会話は本当に恥ずかしくて思い出したくもない。





おじさん「おかしいな。これまでの写真を見ても全てキミは綺麗な肌じゃないか?」



僕「いや、最近から肌が荒れるようになって、そしたら、ウチのばあちゃん直伝の秘薬があって、それを肌に塗ると皮膚が再生するんです!」


おじさん「そんなの信じられるわけがない!なんなんなんだその薬は?そんな色の塗り薬なんて見たことない!」


僕「あ!ある!!なんかビワの葉っぱとか…、なんか薬草とか…、なんかすごいやつが調合された…ぁぁあ!!ばあちゃんの塗り薬をバカにしないで下さい!」




本当に見苦しい。
これを読んでる人はこの会話の内容こそまさに嘘ではないのかと疑うかもしれない。

言っておくけど、言葉遣いに多少の脚色こそあれど、会話の内容は本当にこのままなのだ。
正直なんでビワの葉っぱをピンポイントで出してきたのかもよく分からない。きっと肌に良さそうと思ったのだろうけど、とにかく僕はヤケになってしまっていたのだから仕方がない。冷静な感情に戻ることなんて不可能だった。



ただの色黒の男としてやってきたはずなのに、いつの間にか謎の秘薬を身体中に塗りたくった男という設定に変わっており、当初の脚本と違いすぎて、にっちもさっちもいかなくなっていたのだから無理もない。






とは言っても、中学の時の僕の学年の成績は下から四番目で、その内の下位3人は不登校だったので、結果として学校で1番頭の悪いのは自分だった事実は認めるしかない。あの中学生の時から僕は頭脳も精神構造も対して成長していなかったのかもしれない。


だって、ここからさらに見苦しい泥沼の戦いになってゆくのだから。







posted by ユーチャンチャン at 22:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: