2013年11月18日

僕も同じはず。

東京。恋人は未だタイランド。

今朝、最大の防寒着であるパーカーを洗濯してしまったために一日中寒さに震える。

偶然にも沖縄から東京に来ていた友達のヨリチンに誘われ吉祥寺のライブへと足を運んだ。

満員御礼の小さなライブハウスと、小気味良く酒を呑む僕。
なんだか、このまま飲み潰れたいような感覚に苛まれながらも、さすがにそれはいかんと、高円寺駅へ向かう電車へと乗った。


高円寺に着き、停めていた自転車へとまたがり足を動かすと、正面から当たる風があまりに薄着の僕には寒すぎて、一秒でも早くこの時間を消し去りたいと全速力でペダルを踏みつけた。余計寒い。

早く過ぎ去るはずの目の前の景色はまるでなんだか時が止まったかのようにコマ送りで通りすぎ、わずか十数秒の間にすれ違う全ての人々の人生の一辺を覗き見たような奇妙な万能感に襲われた。とは言っても勝手に他人の人生を妄想してるにすぎないのだけど。

「今の人は好きなあの子のために走り出した。今の奴は久々の友達と酒を交わし、余計なことまでペラペラ喋ってる。あいつはすげー怒ってる。どうしたの?」




よく、「趣味は、人間観察です」なんて言う人が居るが、まるで本人はさも高次元にでも立ったように、自分は他の人とは違い、あくまで観察する立場にいるのだと勘違いしながら、勝手に他人の性格や人生観を決めつける。先程、僕がしていたように。自分自身も見られる立場であるのだと気づきもしないまま。
だから、僕は人間観察するあなたを観察したい。


ダメだ、全然意味分かんない。すごい眠くて酔っぱらっててボヤボヤとしながらこの文章書いてるけど、もう無理。オチまでの終着点に届かない。おやすみ

さばだ
posted by ユーチャンチャン at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: