2013年10月18日

星に願いを

忘れもしないあれは7月7日、七夕の日。
織姫と彦星が年に一度だけ再開できるその日にあやかろうと人々は星に願いを込める。

そんなロマンティックさとはかけ離れたハードコアパンクのイベントを企画していた。
なんというか、つい、笹の葉と短冊を用意し、一人だけ俺が願いを叶えてやるなんて言ったら、みんな家が欲しいとか金が欲しいとかゲスな願いばかりで、なんとなく具体的なこの願いを叶えることに決めた。



『11月くらいまでに可愛いショートカット女子を捕まえたい』


知り合いだけど、まあ良いかなあ…。



…。




ん…?





やべー、もう11月目前だ。


てなわけで、彼に半ば強制的にバンドを結成させ、いっちょイベントを打つことにした。









後は、野となれ山となれ!
告白タイムでも設けて、誰か素敵な女性が現れるのを待つしかない!!

実は彼のことを密かに健気に想いを馳せていた人が勇気を持って足を運んでくれるなんてそんな都合のよい展開が無いものかと、そう星に願いを込めながら、僕はソワソワしているのです。

最悪、彼に可愛いショートカット女子と鬼ごっこをさせるはめになるかもしれない。そんなオチだけは避けたい。

とりあえず、女子は入場無料!ショートカットなら特典付き!!

どこで運命の出会いが訪れるかなんてのは分からない。
面識があろうが無かろうが、誰でも良いから女の子はこの日、Bar SIXへと足を運んで欲しい。なんなら、皆さまには友達を騙してでも一人でも多くの女子を連れてきて欲しい。


ぜひとも、彼の願いを叶えたい。
という、僕の願いを叶えてくれやしないだろうか…。


明後日が恐い。
posted by ユーチャンチャン at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: