2013年10月17日

心霊写真の話。

ブログを始めたは良いものの、日々の事を書くにはなかなか積極的に外へと出かける事も無いので、記事にするほどの事件てのはそうそう起こらない。
なもんで、昨夜、いや正確には今夜か?まあ数時間ほど前になるのだが、「何も無いなら何か起こそう」と、とある心霊スポットにでも行こうと考えた。




暇そうな友人連中を誘い、ビデオカメラや高性能マイクなんてものを持ち出し、パソコンで周囲の周波数まで計る徹底した検証を科学的見地から調査しようと試みた。

しかし、僕は、生きてきてこれまでに心霊体験なんてものは一度だってしたことなく、あまりオバケや幽霊とは相性が良くないのかもしれない。
そこで、ここまで用意して何も起こらなかった場合の事を考え、ギターも用意して一曲幽霊を挑発した歌でも披露して、おびき出してやろうなどと考えた。

まずはこの写真を見て欲しい。


sinrei-shasin.jpg


もはや、心霊スポットは思えないほど賑やかなムードである。
「なんだか何事も無さそうだ。」誰もがそんなことを思いながら、いざ調査を始めようとシンくんがギターを弾いた瞬間だった。

一瞬でギターの弦が全弦切れ、同時にマイクには謎の異音が入り、ビデオカメラはノイズの嵐。
パソコンにいたってはハードディスクもろともクラッシュし、再起動不可の状態になったのだ。

これは、本気でヤバイと察した僕らは急いで現場を後にした。
軽はずみにテレビの心霊特番の真似事なんてしなければ良かった。みんなが身震いをしながら解散へとなった。

家に帰り、同行したメンバーの安否を確認もしたが、特に誰も体調等にも異変は無さそうで、安心しながら僕はこのブログにタイピングをしている。


ただ、困惑することがある。


それはと言うと、先ほど上記に載せた写真をもう一度見て欲しい。


皆様はお気づきだろうか?


sinrei-shasin.jpg



この写真の右上。


ライトの右下あたり。




心霊写真2.jpg



そうここ。

分かりにくいかもしれないが、赤ん坊のような顔がうっすら写っているのだ。



心霊写真3.jpg

決して悪意のようなものは感じないものの、この顔は一体なにを伝えようとしているのか。


そんな疑問を残しながら、この調査報告書を締めたいと思うのだが、疑問はそのひとつだけではない。
まず、僕は一体なにがしたいのだろうか。なにをしているのだろうか。そんな自問に自答できないまま朝を迎えようとしている。
いくら、ブログのネタが無いからと言って、自分がやっているバンドのレコーディング風景の写真をわざわざ人の顔まで合成して心霊写真に仕立て上げ、根も葉もないウソばかりの日記なんぞを書いて、そんなことやる暇があるなら他にもやらねばならない事が山ほどあるというのに、何故にこんな無駄な事ばかりに心血を注いでしまうのだろうか。

というわけで、本当にごめんなさい!作業に戻ります!
それじゃあ、またね!!





【書き置き】
上の写真には他にもあと3体おばけが潜んでいます。暇な人は探してみてください。
答え合わせはありません。
posted by ユーチャンチャン at 05:52| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こわいからー、やめてもらえる??笑
Posted by サヨ at 2013年10月17日 08:46
朝から、笑わしてもらいました〜、俺もライブだから早く支度しなきゃ…
本当に心霊写真かと思ったよ〜
次の記事も楽しみにしてます。
Posted by at 2013年10月18日 09:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: