2017年03月31日

免許更新ジャンキーの話 その2

前回からのつづき




基本的に免許更新は自分の誕生日の前後一ヶ月、合計三ヶ月の期間内に済ませなくてはいけない。


しかし、免許更新をしたくないあまりに僕は二ヶ月間も免許更新のハガキを見て見ぬ振りし続けていた。


そうこうしている内に、残り二週間で期限が切れるというところで友人の結婚式がやってきた。


招待状には「カラフルな装いでお越し下さい」の文字。


僕は免許更新のためではなく結婚式のために髪を切ろうと決めた。




7DC1F4D6-55F8-4604-B69D-EEFA07373488.jpg

結婚式前夜。髪を刈り上げる。










643457F1-6438-4CE7-BD29-9B33757902AA.jpg
どんどん行く。











D65E0C9E-C3D3-4DD5-AAF0-4C02B161C61A.jpg
もう前髪しか残っていない。













99DFC608-8F1B-44AD-8B2D-A8F023AB8B97.jpg
サヨナラ、僕の大切な髪の毛たち。










5105527D-FC93-44F9-B90C-867C08CB3F4B.jpg
完成。天草四郎みたいになった。






免許更新の度に「楽しそうだよね」と多くの人から言われるが、改めて伝えておかなければいけない。

正直全然楽しいわけがない。ただのヤケでしかない。


見て欲しい。自分の姿を鏡で見た後の僕を。

5F8B3F02-BBCF-4C82-87E3-8AFD822B1824.jpg
とても辛そう。我ながら可哀想。





理解してもらえないかもしれないが、そもそも僕は別に目立ちたがり屋ではない。

表現したいものや伝えたい事はあれど、積極的に自分自身が顔を出したいとは全く思わない。本当は舞台袖からシメシメと見ていたいだけのタイプなのだ。


なのに、自分で思いついた事を誰かが代わりにやってくれるわけでもないので、仕方なく自分でやっているだけである。


そうじゃなかったら、誰が好き好んでわざわざ自分からあのような出来損ないのキリシタンみたいな髪型にするというのか。






D33D7DB7-C688-483F-B981-1AD2DA9C995A.jpg
※天草四郎(本物のキリシタン)







と、話が逸れてきた。戻そう。

とりあえずあのままでは髪型は完成ではなく、最終的にブリーチ剤で色を抜き、カラーリングするところまでが重要である


13E74EFB-3220-4957-AAEA-A87B924BAB73.jpg
ブリーチ剤が直接頭皮に当たって痛がる姿




0D7355FB-796B-4690-A790-C832317C9EF6.jpg
とりあえずブリーチ完了。


あとは、カラーを入れて髪型をセットすれば完成。

とりあえず免許更新の前に結婚式へ向かわねばいかないので、とりあえず髪型は免許更新用ではなく、結婚式用に合わせてビシッとキメる事にした。







【結婚パーティーファッションチェック】

2ADFC795-21FF-47D7-8A46-0FAEAFF8D249.jpg
服装はシンプルにシャツとネクタイのみでありながら、新郎新婦の「カラフルな装いでのご出席」という要望に応えた、赤いシャツと赤いサングラスで統一感を持たせ、髪の色は明るめのグリーンにすることによって会場の植物たちとの調和も演出している。











D62E3002-5CDE-4EF7-B7D2-DD30375A7FAA.jpg
また、宇宙人のアンテナのようにピンと立てた髪の先にリボンをあしらったフォーマルなスタイルで祝祭感もアピール。














5468C9BC-D939-4B5E-96D5-975B76DC845A.jpg
ちゃんと後ろの席の人たちが新郎新婦の姿を見れるように邪魔にもならなかったようで、結婚式に相応しい髪型であった







13DD9924-F01B-4C74-B9F9-2F5122C99BBF.jpg
結婚式の帰り道でも、人々の道しるべとして活躍。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あとは免許更新へと行くだけである。


しかし、ここまで準備が整っているというのに臆病な僕はまだ憂鬱な気持ちを引きずり続け、タイムリミットは目前へと迫ってきていた。


つづく
posted by ユーチャンチャン at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする